invisalign

マウスピース矯正​インビザライン

マウスピースによる

「見えない」矯正治療

アメリカのアライン・テクノロジー社が開発した、マウスピース型カスタムメイド矯正装置による治療です。
iTero elementで口腔内をスキャンし、そのデータからクリンチェックというソフト上で歯の動きをシミュレーションし、マウスピースを製作していきます。
取り外しができる装置ですので、食事も美味しく召し上がることができ、金属アレルギーの心配もありません。また、矯正装置による衛生面の心配もほとんどないといってよいでしょう。
ただし、かみ合わせによっては治療が適応でない場合もありますので、最終的には矯正検査を行ってからインビザラインによる治療が可能かどうかを診断させていただきます。
また、歯の動きの特性上、インビザラインのみでの治療が難しい場合は、装置をいくつか付加させていただくことがあります。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)のメリット

merit.4

 

金属アレルギーの心配がない

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)はポリウレタン製のため、金属アレルギーの心配がありません。

デメリット

demerit.3

 

顎変形症などの保険治療には適用されない

マウスピース型矯正歯科装置は保険材料に認定されていませんので、手術前後の矯正治療は自費になります。その場合、手術も保険を適用することができないため、手術も自費で行うことになります。

merit.1

 

装置は取り外しが可能

食事の時は外しますので、なんでも美味しく食べられます。
歯磨きも取り外して行うので、磨き残しもなく、口腔内を清潔に保てます。

merit.2

 

目立たず、発音障害も少ない

透明なマウスピースタイプの矯正装置なので、ほとんど目立ちません。また、リンガルマルチブラケットのように歯の裏側に装置がないため、口腔内が狭くなることもなく、発音障害もありません。

merit.3

 

治療でのトラブルが少ない

マルチブラケットのように、ブラケットが外れたりワイヤーが頬や舌を刺したりというトラブルがないため、トラブルで来院することがほとんどありません。

merit.5

 

痛みが少ない

1枚のマウスピースでの移動量は正確に0.25mmに設定されています。そのため、予想外に過度な矯正力が加わらないためブラケット治療に比較して痛みが少なく、あっても短期間で終わる傾向があります。

merit.6

 

シミュレーションや歯の動きを確認しながら治療が進む

「クリンチェック」と呼ばれる3Dコンピュータ画像で、治療開始から完了までのシミュレーションを確認することができます。また、iTeroの「アウトカムシミュレーター」という機能で、歯が予定通りに動いているかを確認することができます。

demerit.1

 

装着しないと歯が移動しない

マルチブラケット装置と異なり、装置を装着していただかないと歯が移動しません。また、7日間でマウスピースを交換するため、ご自身での管理が必要になります。
理想の装着時間は22時間です。

demerit.2

 

装置を装着したまま食事ができない

ちょっとしたおやつを食べたい時でも、マウスピースを外す必要があります。
マウスピースを装着したままお茶やコーヒーを飲んだ場合は着色の原因になりますし、ジュースや炭酸飲料の糖分の入ったものでは虫歯の原因になることがあります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)による治療の流れ


Step1. 初診相談
矯正歯科医がお口のお悩みをお聞きし、必要な処置、治療期間や費用などをご説明いたします。治療を希望された場合は、精密検査のご予約をお取りさせていただきます。

遠方からいらっしゃる方のために
通常は初診相談の後、別の日に予約を取っていただいて精密検査を行います。遠方からお越しの方には、初診相談後、精密検査を受診することが可能です。ご予約の際に、ご相談と精密検査を同日に希望されていることをお伝えください(1時間半前後のお時間を要します。)

 

 

Step2. 精密検査
診査、各種レントゲン撮影、顔面・口腔内写真撮影、印象採得(歯の型とり)などを行います。約45~60分を要します。

 

 

Step3. 診断
検査結果に基づき、問題点・治療方法・使用する装置・治療期間・ご費用などを詳しくご説明いたします。
患者さんひとり一人にあった治療方法をご提示し、複数の治療選択肢があれば、それぞれの利点・欠点を比較して相談しながら治療方法を決めていきます。インビザライン・システムによる治療が可能と診断された場合、次のステップ(step4)に進みます。

 

 

Step4. マウスピース作製用精密印象採得
精密検査での歯の型取りよりもさらに精密な材料(シリコン)での歯型取りを行います。
米国に歯型を送付し、3Dのデジタル歯列が出来上がります。
3Dのデジタル歯列を用いてどのように歯を動かしていけば理想的な状態にできるか、矯正医が繰り返し修正しながら治療シミュレーションを作製します。

 

 

Step5. 3Dデジタル歯列の確認
患者様に最終的な3Dデジタル歯列をモニターで確認していただきます。

 

 

Step6. お支払い&インビザラインの発注
3Dデジタル歯列の最終確認後、治療費の全額または一部金のお支払いをお願いしています。
治療シミュレーションを承認し、インビザラインを発注します。
インビザラインが到着するまで約3~4週間かかります。

 

 

Step7. マウスピース型矯正装置(インビザライン)による治療開始
装置が到着後、患者様にご連絡をさせていただき、予約を取らせていただきます。
最初のマウスピースを装着し、取り外しの仕方を練習します。 諸注意事項をご説明させていただきます。
2回目のご来院は2週間後になります。3回目以降のご来院は、使用状態により1~3ヶ月に一度になります。
ご来院時に、アタッチメントの装着や歯のサイズの調整(IPR)を行います。そして次回のご来院までのマウスピースをお渡しします。

1日20時間以上の装着。患者様ご自身で、約2週間ごとに次のステップの装置に交換して頂きます。
治療期間は症状、使用状況等により異なります。
マウスピースの全セット装着が完了し、さらに歯を動かす必要がある場合はマウスピース追加のための型取り(ケースリファイメント)を行ない、治療を継続致します。

 

 

Step8. 治療終了のチェック
矯正医が最終的な咬み合わせをチェックします。

診査事項
歯が計画どおり動いているかを確認。
咬み合わせの確認と咬合調整。
治療後検査(診査、レントゲン撮影、口腔内および顔面写真撮影、歯の型取り)

 

 

Step9. 保定
通院間隔は1年に2~4回です。歯並び、咬み合わせおよび保定装置のチェックをはじめ、むし歯・歯周病その他の健康面でのサポートや歯のクリーニングを行っていきます。メンテナンス期間は、当クリニックでは5年間としておりますが、お口の状態やご要望によってさまざまなご対応をさせていただきます。

注意点
 

1、マウスピース型矯正装置(インビサライン)ですべての不正咬合を治療することはできません。また、同じ不正咬合でもマウスピース型矯正装置(インビサライン)の場合、治療方法が限定されます。
 

2、マウスピース型矯正装置(インビサライン)では難しい歯の動きが治療上必要になった場合には、補助的に従来の装置(ブラケットやワイヤー)や顎間ゴムなどを使用します。
 

3、マウスピース型矯正装置(インビサライン)は、歯の幅を削って行う治療(IPR)を主体とすることが少なからずあります。

​サイトマップ

HOME

INTRODUCTION

CALLAの6つの特徴

ABOUT US

▶クリニック紹介

スタッフ紹介

〒892-0842 鹿児島市東千石町18-8 BIGI BLDG.4F

TEL : 099-227-2658 MAIL:calla.ortho@gmail.com

診療時間 10:00〜13:00 / 14:30〜18:00

​診療日 / 火、水、金、土、日(月2回)

*ご来院の前にお電話、予約フォームでご予約ください

(c) Copyright CALLA ORTHODONTIC CLINIC All right reserved.

鹿児島市歯科矯正