TOOTH BLEACHING
スクリーンショット 2019-11-12 18.43.59.png
女性白い歯を見せて笑います

​クリーニング

毎日丁寧に歯磨きをしていても、どうしても歯の着色は避けられないものです。

このような着色を歯磨き粉で落とすのは難しく、また、落とすことのできる歯磨き粉は粗い研磨剤が含まれているのでおすすめできません。

CALLAでは、超音波スケーラーや歯科医院専用の研磨剤を用いて、毎日の歯みがきでは取りきれない歯石やステイン(お茶やワインによる着色物)、バイオフィルム(細菌膜)を機械的に除去します。

そして、仕上げに歯の表面をナノ粒子ハイドロキシアパタイト配合のリナメルトリートメントペーストでコーティングして、汚れの再付着を予防します。

施術後のツルツル&サッパリ感が病みつきになるくらい、お口の中がすっきりします。1〜3か月に1回がおすすめです。

ホワイトニング

クリーニングが歯の着色を機械的に除去するのに対し、ホワイトニングは薬剤で歯自体を白くする施術です。

CALLAでは、歯を一時的に白くするだけでなく、歯の表面をフッ化アパタイトでコーティングして、白さを長期間にわたり保ち続けることができる「FAPホワイトニング」を行っています。

ホワイトニングは、薬剤を歯の表面に塗布して汚れやたんぱく質を分解するとともに、歯の表面のエナメル質に凸凹を作り、光を乱反射させることによって歯を白く見せるものです。

一般的なホワイトニングは、漂白した歯の表面の凸凹がそのままなので、そこにお茶やワイン、プラークなどが付きやすく色の後戻りが早いのですが、FAPホワイトニングは歯の凹凸の表面に「フッ化アパタイト」というカルシウムの層を吸着させるため、後戻りしにくいという画期的なものです。また、カルシウムにより、歯質も強化させるので虫歯予防にもなります。

スクリーンショット 2020-04-09 12.32.10.png
fap.jpg

FAPホワイトニングで歯を白くするためには、通常5~10回の施術が必要です。なぜなら、エナメル質にフッ化アパタイトを層にして重ねて吸着させることが必要なためです。1回目ではまばらですが、回数を重ねていくことでしっかりとした層を作ることができ、白さも徐々に上がっていきます。通院回数が多いと思われるかもしれませんが、CALLAが自信をもってお勧めできる唯一のホワイトニングです。

スクリーンショット 2020-03-05 19.07.26.png