TREATMENT
スクリーンショット 2019-11-12 18.43.59.png
子供の矯正治療
69c8bc_3bb31e44e130433885710c6e8f13eae1~

子供の矯正治療は、乳歯と永久歯が混在している混合歯列期に行う1期治療と、永久歯列期に行う2期治療に分かれます。

1期治療 
1期治療は、子供時代の成長を利用して、上下のあごのバランスを整えたり、あごを広げたりする治療です。2期治療に入る前のベースを作るイメージで、これにより2期治療が簡単になります。CALLAでは、MOOフィロソフィーに基づき、永久歯を抜かない矯正治療を目指して、1期治療を進めていきます。不正咬合の種類によっては、1期治療で終了することもあります。

2期治療 

永久歯がそろってから、最終的に歯並びや噛み合わせを整える治療です。大人の治療で使用する、マルチブラケットを用います。リンガルマルチブラケットやマウスピース型矯正装置(インビザライン )も使用が可能です。

1期治療が必要な噛み合わせの例

スクリーンショット 2020-03-11 10.17.04.png

CALLAにおける1期治療の考え方

「矯正治療は早く始めるのが良い」と一般的に思われがちですが、そうではありません。何事にも開始するのに「最適な時期」があるように、矯正治療にも同じことが言えます。例えば、反対咬合を主訴に5歳で受診された場合はすぐの治療開始が必要ですが、5歳で前歯がガタガタしているという主訴では治療開始にはなりません。それは、矯正治療は単に歯を並べるだけではなく、年齢や骨格型の違いによるあごの成長や発育、機能、習癖などを考慮して進めていく必要があるからです。
カウンセリングの時点でまだ治療は必要ないと判断した場合、すぐの治療開始とはせず、半年後や1年後の再受診をお願いしています。そうすることにより、より短い期間で、より効率的に治療を進めることができるからです。
矯正治療は子育てと同じように、「早く」ばかりではなく、「待つ」こともとても大切な治療だと考えています。